加湿器タイプ別*電気代を徹底比較!特徴を知れば加湿器選びも迷わない!

家電

YUKAROOMにようこそ~♡

サンタさんきてくれてありがとう!

わし以外のところに…。( ¯•ω•¯ )

 

加湿器には4種類あって、タイプ別で電気代が違います。

  • 気化式
  • スチーム式
  • 超音波式
  • ハイブリッド式

ライフスタイルによって、あってる加湿器を選ぶために、

加湿器のタイプ別の特徴!

メリットデメリットを徹底比較していきます。

特徴がわかれば、選ぶ加湿器もわかってきます。

Sponsored Link

加湿器のタイプは4種類!

加湿器のタイプは全部で4種類。

  • 気化式
  • スチーム式
  • 超音波式
  • ハイブリッド式

それぞれ、特徴があります。

この4つの加湿器の電気代・メリットデメリットを比較していきます。

電気代・メリットデメリットを徹底比較

加湿器のタイプ別ごとに、

電気代・メリットデメリットを説明していきます。

まずは気化式から!

 

Sponsored Link

 

①気化式の加湿器

まずは気化式(ヒーターレス)の加湿器から!

バルミューダ レイン rain

(引用元画像:https://item.rakuten.co.jp/roomy/mtb13oct10b03/#mtb13oct10b03)

気化式加湿器*特徴

特徴フィルターに水を含ませて、

内臓されているファンの風によって加湿します。

ヒーターで加熱しないため、吹き出し口が熱くなることがなく、

電気代もあまりかからないのが気化式の特徴!

気化式加湿器*メリット

①自然に近い蒸発作用を利用するため、空気を当てて加湿するので、
消費電力が少なく、電気代が安い。

②熱いお湯を使わないため、小さい子供がいても、安心して使用することができる。

③フィルターを通して、加湿するため、ホコリや水の不純物が取り除ける。

④風量をコントロールでき、すぐに部屋を加湿することが可能。

 

気化式加湿器の最大のメリットは、

何と言っても、電気代が安いところですよね。

 

気化式加湿器*デメリット

①風で水を送るため、室温を多少下げてしまう。

②水の自然な蒸発を待つ仕組みなので、他のタイプより加湿力がやや劣ってしまう。

③広い部屋には少しパワー不足なので不向き。

④フィルター交換が必要!

 

気化式のデメリットと言われてるところは、

とくに気になることが少ないなぁと思いました。

室温が下がると言われてますが、使ってる友達のお家、

全然、そんなことなかったしなぁ。

広い部屋にはというのも、何畳用か見て買えば問題なし!

気化式加湿器*電気代

消費電力は、気化式加湿器の種類にもよりますが、

2W~20W程度なので、1時間当たりの電気代は0.1円~0.5円ほどです。

 

(1kWh=27円で計算)

2Wの消費電力で24時間使った場合は、

1日=1.30円、1か月=39円!!

やっす!!!

20Wの場合に24時間稼働させても、

388.80円!!400円もいかないなんて安い!

 

こんなに電気代が安いなら、

フィルター交換の時のお金がかかっても気にならない。

フィルターの値段と交換頻度も確認して、買うのがいいですね。

 

フィルターがあるので、超音波式加湿器より、お手入れの手間がなし!

なんといっても、電気代が安い!

24時間、いつでも加湿したい人におすすめ。

 

タイプ別で電気代が全然、違うので、

今から、全部のタイプ別の電気代を書いていくので比べてみてください。

 

おすすめの気化式加湿器

どの加湿器を選んでも、電気代が安い!

消費電力が少ないのが強み!

 

おしゃれな加湿器!バルミューダ♪

上から、水を注いでいれるタイプで便利!

しかも、新しい型はスマホアプリで操作が可能です。

バルミューダの加湿器はフィルターを年に1回は、変えることを推奨してます。

約4000円ほどの交換フィルターです。

 

ドイツ製の気化式加湿器、ベンタ!

ベンタの特徴は、交換フィルターがいらない!

フィルターをいれる代わりに専用の液をいれないといけません。

 

ベンタの専用液!2週間に1度、液を入れ替えが必要です。

約8~14回、使える専用液が約5000円。これは高いのか、安いのか?

でも、レビューはとてもいい加湿器で、しかも、見た目もおしゃれ!

 

Sponsored Link

 

 ②スチーム式加湿器

次にスチーム加湿器!

(引用元画像:https://item.rakuten.co.jp/kurashi-arl/stt1828/)

スチーム式加湿器*特徴

特徴ヒーターで加熱をしてお湯を沸かし、加湿します。

温かい蒸気で乾燥した部屋をパワフルに加湿できる。

4つのうちで、1番、加湿力がある!

1番、加湿力があるのを初めて知ったし~、

蒸気で、加湿ってお風呂みたいな感じですね。

スチーム式加湿器*メリット

 

①広範囲を素早く、加湿するパワーがある。

②電熱装置で水を100度以上に加熱するので、細菌を拡散する心配がない。

③必要最低限のお手入れだけでOK!

 

パワフルな加湿と、お手入れが簡単なのがいい!

手入れが多いと、めんどくさいんですよね~。

スチーム式加湿器*デメリット

①お湯が沸くまで時間が少しかかってしまう。

②熱湯を使用するため、蒸気口付近は高温に!小さい子供がいる家庭は注意が必要。

③ヒーターを使って、蒸気を発生させるので電気代が高い!

 

今は、蒸気口付近の温度を抑えた物もでてきています。

なので、1番のネックは電気代…。

お手入れ簡単で、魅力的。でも、電気代が高いのはつらい。

スチーム式加湿器*電気代

気化式のあとだからか、消費電力の大きさにビックリ!

だいたい、消費電力は130W~260W程度!

 

130Wで24時間稼働の電気代は、

1日=84.24円、1ヶ月で2527.20円です!

たっか!!!( ゚Д゚)

 

スチーム式加湿器を買う時は、消費電力を見たほうがいいですね。

家にいる時間が少ない人とかなら、つける時間が少なくて、

加湿がパワフルなので、向いています。

スチーム式加湿器は、寝室などに向いてるかもしれません。

寝てる間だけの加湿なら、時間も短いので、電気代も抑えることができます。

 

寝室なら、寝る時につけるだけ!

その時の電気代も計算してみました。

130Wのスチーム式加湿器を7時間、使ったときの電気代は、

1日=24.57円、1ヶ月=737.10円です。

おすすめのスチーム式加湿器

7畳対応で、130Wの消費電力です。

見た目がおしゃれで、こんな加湿器があるのにビックリ!

お手入れが簡単なのが本当にいい。

 

シンプルが特徴の±0のスチーム式加湿器。

消費電力は100Wから280W、木造7畳まで対応。

 

加湿器に見えない、ユニークな形の加湿器!

木造10畳対応、消費電力が200Wです。

 

Sponsored Link

 

③超音波式加湿器

では、次は超音波式加湿器!

もう調べてたら、息切れしてきているw

(引用元画像:https://item.rakuten.co.jp/biken-concierge/36500098/)

超音波式加湿器*特徴

特徴水を超音波によって微細な粒子にして、噴出することで加湿をする。

ヒーターやフィルターなどはなく、水タンクと振動装置だけのシンプルな作りになっているのが特徴!

超音波式加湿器*メリット

①振動を送るだけなので消費電力を抑えることができる。

②お手入れも、ほぼ丸洗いできる物もある。

③起動すると、すぐに蒸気を出し加湿を始めてくれます。

④加湿装置が小さいのでデザインの自由度が高く、モダンでおしゃれな物が多い。

⑤小型で本体価格も手ごろな物が多い!

⑥ヒーターを使わないので吹き出し口が熱くならない。

 

素早く、加湿を始めてくれるのと、電気代が安いのが、

超音波式加湿器の強みですね。

あとは、デザイン性が高いのが多いのはいい!

超音波式加湿器*デメリット

①ヒーターを使用しないので、蒸気に雑菌が入り込むので小まめな手入れが必要。

②気化式加湿器と違いフィルターを通してないので、水に含まれる不純物などを部屋に拡散。

 

超音波式加湿器は、小まめなお手入れが必須なんです!

これ、かなり、めんどうw

でも、今は除菌機能をもつ超音波式加湿器もでてきてます。

超音波式加湿器*電気代

25~40W程度。

1時間当たりの電気代は、0.7円~1.1円。

 

25Wで24時間稼働させた時の電気代、

1日=16.20円、1ヶ月=486円です。

加湿器の中では安い方になりますね。

 

小まめなお手入れができる人には、電気代も安く、

本体価格も安い物が多いのでおすすめです。

吹き出し口が熱くならないので、小さな子供のいる家庭にも向いてます。

 

おすすめの超音波式加湿器

本体価格が高い物もあるんですw

でもこれ、除菌プレートがついてるので、安心!

安心プライスレスw

高いには理由がある!ってことですね。

 

これも、除菌効果があるタイプの超音波式加湿器!

お値段高めのダイソンです。

いい機能があると高いのは仕方ないことなんだろうか。←白目。

 

陶器で可愛い超音波式加湿器!

こんなにいろんなデザインがあるのにビックリ!

 

 

Sponsored Link

 

④ハイブリッド式加湿器

最後にハイブリッド式加湿器の紹介♪

もう、はぁはぁして息切れしております。

 

クレベリンLED搭載ハイブリッド式加湿器

(引用元画像:https://item.rakuten.co.jp/roomy/dss16sep13e04/)

ハイブリッド式加湿器*特徴

特徴スチーム式と気化式の2つのタイプを合わせた、まさにハイブリッド!

気化式加湿器のように電熱ヒーターを搭載している。

最近は、スチーム式と超音波式を組み合わせた、

ハイブリッド式加湿器もでてきています。

スチーム式と超音波式の組み合わせだと、小まめなお手入れがいるようになります。

除菌のできるタイプもでてます。

 

どちらの組み合わせのハイブリッド式加湿器を選ぶかは好みです。

ハイブリッド式加湿器*メリット

①スチーム式と気化式の2つのタイプを合わせた、まさにハイブリッド。

②湿度が低いときは「スチーム式」で温風を送りますが、湿度が高くなるとヒーターを切って「気化式」として加湿する。

③気化式より素早く加湿ができ、スチーム式より消費電力が少ない。

 

 

ハイブリッド式加湿器*デメリット

①気化式と同じくフィルター交換が必要になったりします。

 

ハイブリッド式加湿器*電気代

消費電力「気化式」時は、14W~75W程度です。

機種によっても、もっと抑えてあるものもあるので、

気化式の時の消費電力をチェックしましょう。

 

消費電力「スチーム式」時は、90W~250W程度です。

スチーム式だけの加湿器のものより、高温にならないので、

吹き出し口も暑くなりすぎません。

 

「気化式」14W時の電気代。

24時間稼働時!

1日=9.07円、1ヶ月=272.10円。

 

「スチーム式」時の90W時の電気代。

24時間稼働時!

1日=58.32円、1ヶ月=1749.60円。

 

どっちにも切り替えることができるので、

加湿が十分できたら、ヒーターを切って、

気化式に切り替えたりすれば、電気代も安くなります。

おすすめのハイブリッド式加湿器

おしゃれなハイブリッド式加湿器!

クレベリンのカートリッジの交換が必要ですが、

安心安全の超音波式と気化式のハイブリッド式加湿器です。

気化式とスチーム式のハイブリッド式加湿器!

これはフィルター交換が必要になります。

メリットはお手入れが少ないところです。

 

自分に合った加湿器を選ぼう!

比べるとわかるように、メリットデメリットがそれぞれあるので、

部屋の大きさ、電気代、お手入れなど、

自分が1番、重視したい場所を決めて選ぶのがいいと思います。

 

電気代お手入れ
気化式1番安いフィルター交換が必要だが楽ちん!〇
超音波式2番目に安い小まめなお手入れが必要!△
ハイブリッド式3番目に安い超音波式ほどじゃないがお手入れが必要!〇
スチーム式高いお手入れが簡単!◎

 

 

Sponsored Link

 

YUKAさんの締めの言葉

今日は加湿器のことを調べてみましたぁ。

ブログを始めてから、きちんと調べることが多くなり、

タイプ別でこんな機能あるの!?マジか!!ってなることが多めw

 

加湿器の種類もこんなにあるのがわかって

これからは、しっかり調べてから買おうと思ったよ~。

そのほかの加湿器の記事はこちら!

おすすめ!おしゃれで小さな卓上加湿器とハイブリッド加湿器で乾燥を撃退!
YUKAROOMにようこそ~♡ 師走ですね。忙しいと言いつつ、ダラダラしております。 リビングのエアコン暖房をつけて過ごす時期に突入! でも、エアコン暖房って乾燥、すごいするんですよね。 乾燥対策に、...

 

 

その他の記事もぜひ、読んでください。

リビングに関する記事はこちらです。

リビング
「リビング」の記事一覧です。
家電
Sponsored Link
*こちらの記事もおすすめです*



43YUKA43をフォローする

ブログランキング参加中です♪
ポチッしてくれたら泣いて喜びます

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へ
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

YUKAROOM〜ぐーたら主婦が作る建売住宅で快適空間〜

コメント